痛みが和らぐ簡単な方法

原因は良く判らないけれども頭痛を経験した人は、いくらでもいるでしょうが大抵はそのまま放置していたら治ってしまったか、鎮痛剤を飲んでその場を凌いだという経験はあるでしょう。
実は頭痛にも幾つかのバリエーションがありますが、ここでは片頭痛について説明します。
片頭痛の原因は頭部内にある血管が何らかの理由で拡張すると炎症を起こし、痛みを感じるというものです。
また、その原因は明確になっていない所も多い様ですが、二つの説が有効とされているようです。
一つ目は血管内にある血小板がセロトニンを放出される際に起きるタイプで、一旦血管が収縮するのですが、時間を経るとセロトニンは分解されて減少して行ってしまうのです。
そして血管が縮んでいき、それがもとの大きさに戻ろうとする場合に頭痛が起きるという血管説があります。
もう一つの可能性としては、顔面周りの三叉神経という場所をコントロールする三叉神経が関与しており、それが上手くコントロール出来なかった際に痛みが出るという説が考えられます。
そして偏頭痛が襲ってくるタイミングは人によって異なるようですが、ズキンズキンと頭の中から突き上げてくる様な痛みが、週に数回とか月に数回程度で、寝込むような人からそうでない人まで色々です。
いずれの場合でも、頭痛の場合には冷たくしたタオルを患部にあてて、人の来ない様な静かな場所で休憩をとりましょう。
また、カフェインの入っている珈琲や日本茶等や紅茶等は、カフェインが豊富に含有されているものを使用するのも良い方法と言えるかも知れません。
今日日では頭痛に特化しているクリニックや病院もあるので、自分が住んでいる区域内で通える所を探し出し、専門分野の医師に指導を受けるべきでしょう。
もし医師に相談したりあるいは診察を受けるのが難しい場合は、百会や合谷等のツボを押すという方法も役立つかもしれません。
何れにしても片頭痛の原因が不明な場合には、じっくりと焦らずに治療して行きましょう。