片頭痛になる原因

ズキンズキンとリズミカルにこめかみから目にかけてが痛くなる片頭痛で悩んでいる人は少なくありません。
ただそれほど頻度が高くない場合、そして時々痛くなる事以外気になる症状がない人等はどうしても病院に行くことはなく市販の頭痛薬や鎮痛剤を飲んで済ませてしまう事もあります。
では、この片頭痛の原因とは一体どういったものでしょうか。
片頭痛の原因の一つは血管が拡張する事です。
ズキンズキンとまるでそこで脈を打っているのではないかと思う事もありますが、実はあの痛みは拍動に合わせて起きています。
血管が拡張すると、周りの神経を圧迫してしまう事があります。
その一つが三叉神経と呼ばれる物で、脳神経の中でも最も大きな物です。
これが圧迫されて刺激を受けると、痛み物質が放出されてしまいます。
そして血管の周りに炎症が起きてしまい、結果的に痛みとして脳が感じます。
この物質が放出されるのが多くなればなるほど痛みは強くなり、吐き気等を感じてしまう事もあり注意が必要です。
もう一つはセロトニンの過剰な分泌です。
セロトニンとは幸せ物質の事で、これが分泌される事でストレスにも強くなり、精神も安定します。
しかしストレスを受けすぎてしまうと、本来必要となる量以上のセロトニンが分泌されてしまいます。
すると脳の血管が収縮します。
この時点では実は頭痛は起きていません。
時間が過ぎていくと、次第に分解されて血液中のセロトニンの量は減っていきます。
量が減るのにしたがって血管は広がります。
正常な太さまで広がって止まれば問題はありませんが、収縮していた反動により急に広がってしまい、結果的に三叉神経の圧迫につながるので注意が必要です。
またこれ以外にも生活のリズムが崩れている時も頭が痛くなってしまう事があります。
片頭痛を防ぐためには、規則正しい生活を送る事、そしてストレスを出来るだけ感じない、ストレスをうまく発散する事が重要です。
そのためにもできるだけ早く寝て睡眠時間を確保したり、余暇を楽しむ等を心がけましょう。